adstir

SSPとアフィリエイトの違いについて

WEBチーム

2017.04.21

こんにちは。adstir WEBチームです。

 

前回のブログではSSPにはどのような機能があるかを中心にお話を
させて頂きましたが、今回は良く比較対象にあげられる「アフィリエイト広告」との
違いについてお話を出来ればと思っています。
大前提としてメディア運営者の方からみた大きな違いとしてはひとつには成果地点の違いがあります。

 

▼支払い発生タイミング(成果地点)について
アフィリエイト広告では殆どの場合、成果地点は資料請求や商品購入された際に
発生するものが殆どです。
成果地点までのハードルが高い分、報酬も5,000円/件など単価の非常に高い案件も
存在するのが大きな特徴です。

 

引用:https://www.accesstrade.ne.jp/

 

対してSSPは前回のブログで説明をしたとおり、広告表示(imps)もしくはクリックで
報酬が発生する事が殆どとなっており、この部分が一番の大きな違いになっています。

 

▼両者比較
①広告を選択できる
もう一つ大きな違いとしてあげられるのが広告を選べるか否かという部分もあります。
基本的にアフィリエイト広告の場合、サービスの管理画面から自分のサイトに合う広告を
選び、配信をするような形となります。
SSPの場合は広告を自分で選ぶというよりはその時その時でシステムが最も収益が高く
最適な広告を表示する形となります。
サイトに広告が配信をされるという点ではどちらも同じなのですが仕組みとして
この部分に大きな違いがあります。

 

 

②手離れ、工数の差
アフィリエイトと比較をした時のSSPのメリットはこの手離れの良さにあります。
ほぼ全てがシステマチックに機能をしているので広告タグを貼りさえすれば
自動的に収益を高くしていってくれるところが特徴です。

 

③支払いについてのハードル
また両社を比較するとアフィリエイトの場合は資料請求などを成果地点とした
成果報酬型になるので、発生した広告費が全て入ってくるという訳ではありません。
各案件ごとに承認という工程があり承認された分だけがサイト運営者に戻ってくる仕組みです。

 

SSPの場合は基本的には広告表示、またはクリックで収益が発生します。
基本的には発生した時点で収益となっているので後から金額が大きく減額をするという事は
殆どありません。
アフィリエイトと比較するとサイトのPVと比例する形で安定的に
収益を得ることが可能な点が特徴です。

 

今までサイトの収益化についてはアフィリエイト1本で行っていた方も
SSPを利用して頂く事で広告配信の大部分を自動化する事ができ
コンテンツをより良くすることに集中する環境を手に入れる事が出来ます。
サービス登録から広告配信までも3日~5日くらいで完了をするので始めたいと思った時に
すぐ開始が出来るのも特徴です。

 

もちろん既存のアフィリエイト広告を残したままでも利用を出来るので
まずはどこかの1枠からでも利用をしてみるとSSPの効果や手軽さを感じて頂けると思います。

 

それではまた次回の更新でお会いしましょう。
今後ともadstirを宜しくお願い致します。

 

企業情報

会社名
ユナイテッド株式会社
本社所在地
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷 1-2-5 MFPR渋谷ビル
(旧:アライブ美竹)
9F受付
代表取締役会長
早川 与規
設立
1998年2月20日